第7回となる全国会員大会を平成29年2月3日ホテルグランドアーク半蔵門にて開催しました。

前日の2日に常任理事会、理事会を開催し、平成27年度の報告内容並びに次年度の施策について協議し全国会員大会の中での定時総会にて承認いただきました。

全国会員大会は西日本地区担当 副理事長 鳥越宣宏による開会宣言にて13時半にスタート。

理事長園田正文がご挨拶を申し上げ、出席者数が地区ごとに発表されました。

DSC_0560
その後第4回となる再築大賞の授与式が行われました。
新民家部門には、有限会社滝沢材木店の『日本の家』
古民家再築部門には、ユーディーホーム株式会社の『想いを未来へ繋ぐ古民家』
林野庁長官賞には京都工芸繊維大学の『未来をはぐくむ古民家「ついどはん」』
が受賞し、その栄誉を称え賞状が授与されました。


基調講演は「古民家はエコハウスになれるか?」というテーマにて、東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻 准教授 前 真之氏にご講演をいただきました。


その後の記念講演は 一般社団法人全国優良工務店支援協会 代表理事 大沼 勝志氏による工務店経営に関する講演をいただきました。


また昨年の基調講演をおこなった特別会員のアレックス・カー氏も壇上で本会の躍進と今後への期待を話してくださりました。




講演後は定時総会を開催し、
第1号議案:2016年度事業報告ならびに収支決算予定承認 常任理事一任に関する件
第2号議案:2017年度活動予定(案)承認に関する件
が全会一致で承認され、報告事項として2017年度会員資格の変更に関して説明がなされました。


全国会員大会は16時50分に東日本地区担当 副理事長 鈴木 健規による閉会宣言にて終了し、記念撮影を行ったのち会場を変えて交流会を開催しました。

交流会では、古民家の用語を使ったビンゴ大会やリフォームかし保険の付保件数による表彰、本大会への参加人数による表彰などが行われました。



また本大会には平成28年11月9日に設立された古民家再生議員連盟の会長である金子一義衆議院議員を始め多くの議員の皆様にもご参加をいただきました。